中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

【中絶体験談】中絶は心と身体に傷をおってしまいます。よく考えて欲しいです。

   

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N853_mankainonanohana-thumb-1000xauto-14240はなはなまろん(20代女性)と申します。

私は中絶が絶対間違ってるとは思いません。人それぞれの考え、事情があると思います。産めない命を作ってしまったことに関しては一生背負っていかなければいけない罪だと思います。

経緯

私は現在28歳でもうすぐ一歳になる娘がいます。中絶をしたのは25歳の時に今の旦那との子どもでした。結婚することも決まっていて両親の顔合わせも終わり、結婚式の日にちも決まった時に妊娠が発覚しました。

子どもは欲しかったけれどその時は嬉しさよりもどうしよう、夢だったらいいのにと思ってしまいました。旦那の給料だけでは生活は厳しく、しばらく共働きでお金を貯めてから子どもを作ろうと考えていました。その時は経済的にも育てられるか不安だったのと、結婚式前という思いから2人だけの秘密で中絶をしました。旦那は産んで欲しかったようでしたが私がどうしてもまだ子どもは欲しくないという勝手な思いから中絶にいたりました。

中絶方法

朝から点滴を受けました。お昼頃から手術が開始されました。全身麻酔を点滴で打つと一瞬で意識を失いました。その間にお腹の中からかきだす手術です。目が覚めた頃にはすべてはもう終わっていました。

目は覚めたものの全身麻酔の影響で目はぐるぐる回り、上を向いているのか下を向いているのかどっちを向いているのか方向感覚がおかしくなまっていました。そしてすごい吐き気です。

手術終了後1時間ぐらいはひたすら気分が悪くて嘔吐しました。やっと落ち着いてきたかなという時には医者の問診があり終了後すぐに帰宅となりました。1人で帰れるかなというほど精神的にも肉体的にもふらふらでした。その日からしばらくはずっと止血剤など大量の薬を飲まないといけませんでした。

中絶に悩んでいる人へ

それぞれの事情があり中絶はやむを得ないこともあるかもしれません。私は本当に自分勝手な理由で子どもをおろしてしまいました。その後、私は結婚ししばらく働きお金にも余裕が出てきたころ妊娠し子どもを産むことができました。中絶をしたら子どもができなくなったなどの情報もネットで流れていて本当に不安もいっぱいでした。

今でも中絶の判断が正しかったのか間違っていたのかはわかりません。ただ子どもを産んだ時涙がたくさん溢れてきたのを覚えています。もし産んであげていたらどんな顔だったのかな、どんな泣き声だったのかな、性別はどっちだったのかな、産んであげれなくてごめんねと何度も心の中で思いました。子どもを産んで初めて気付きました。

1つ言えるのはもう2度と中絶はしたくないです。産んであげられない命は作らないというのは大前提ですがもしできてしまったとしたら旦那に反対されても絶対産もうと思います。思い出した時涙が出そうになるのは心に深い傷をおっているからだと思います。

 - 中絶体験談