中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

【中絶体験談】三人目の子供を中絶しました。私達夫婦が感じたこと、考えたことを綴ります。

      2015/07/06

flower-197343_640さつきちゃん(30代女性)と申します。
私には3歳と1歳の二人の子供がいます。中絶をしたのは、三人目です。上の子二人は、何も考えず出産となりました。でも三人目は違いました。私たちが出産を選ぶか、中絶を選ぶのか、どうするか悩みに悩み、一晩中涙を流し、夫婦で出した結論は、中絶でした。

中絶に至った経緯と中絶時期

私たち夫婦には、3歳の男の子と1歳の女の子の二人の子供がいます。

上の子と下の子は、わずか1歳半しか離れていません。妊娠が発覚したのは、これから上の子が幼稚園へ入園という時期でした。

私たち夫婦の間で、3人目は娘が入園してからにしようと決めておりましたが、3人目を妊娠するまでの間も避妊に失敗し、2度ほどアフターピルをもらいに病院へいっておりました。周囲にも、3人目はまだまだ産む気はありませんと言っていた手前、妊娠しましたともなかなか言い出す勇気もなく、義母も私に3人の子育ては難しいのでは?と旦那に話していたようで、この話をいま持っていくのはムリだと判断しました。もちろん、ものすごく迷いました。一度はあきらめると決めたものの、やはり産みたいという気持ちもあり、とても悩みました。でも、旦那と話し合いをしっかりして、今回はやめようという結論になりました。申し訳ないという気持ちのもと、病院へ行きました。

私の場合は、妊娠が4週5日でわかり、手術は妊娠8週で行いました。

妊娠判定の翌週、血液検査や心電図などの検査を行いました。

それから2週くらいあけてからの手術となりました。

怖い?痛い?中絶の方法

私は掻爬法(そうはほう)というやりかたでした。

当日は、手術の3時間前に病院へいき、子宮口を広げるための処置(海藻を原料としていて、それを入れて、時間をかけてゆっくり広げていくというやり方でした)をして、ベッドのある部屋で3時間程度、横になっていました。そののち、手術服に着替え、移動し、全身麻酔ののち、手術となりました。

痛みは全くありませんでしたが、手術後に完全に麻酔から覚めるまでは目を開けようとしてもなかなか開けられず、無理やりあけるとグルグル目が回っているような感じでした。完全に目覚めるとだいたい、手術から2時間半くらい経っていたと思います。先生を看護士さんがベッドまで連れて行ってくださいましたが、記憶があいまいで、どうやってベッドに横になったのかまったく思い出せません。

気になる!やっぱり高いの?中絶費用

ずばり、約18万円程度でした。これは初診から手術後2回分の診察を含めた金額です。手術自体の費用は、15万円でした。

中絶するにはこれくらいのお金です。先生は、これからのことも考えて、丁寧に見てくださる方をオススメします。

私の場合は、インターネットで検索して、電話で問い合わせをしてから病院へ行ったので、話も早かったです。

中絶費用

最後に私から中絶に悩んでいる方へのアドバイス

いろいろな心配ごとがあるのだと思います。お金だったり、周りの目だったり、親のことだったり、相手のことだったりetc

でも、おなかの赤ちゃんはまったくそんなこと気にせずに、一生懸命生きています。

もし、生活保護をうけなくちゃやっていられないほど生活が困窮している場合や、自分に障害があって産めないと考えてる場合、自分自身が中学生・高校生という若年の場合。そういった場合なら、周りの人の助けがないと、無事出産したとしても育児をし、生活をしていくというのは難しいと思います。

もし、協力してくれる人がいるのならば、頼れるだけ頼って赤ちゃんを産んでください。

でも、それがムリなら、生まれてきても幸せにできる生活が、そこにないのであれば、中絶を選ぶのもひとつの手段です。

まずは、自分の置かれている状況を冷静に見つめてみてください。一歩前進するために、どうしたらいいのか、冷静に考えて、そして未来を考えてください。

私は、中絶を後悔していません。その分、いまいる二人にたくさんの愛情を注いでいるつもりです。そうすれば、報われると信じてます。

中絶したとしても、その子に恥じない生き方をすればそれで報われる。そう思っています。

 - 中絶体験談