中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

【中絶体験談】高校生の時に妊娠し、中絶しました。彼氏や相手の両親に言われた言葉が今でも忘れられません。

   

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N724_fensugoshinoshiroigakuajisai-thumb-1000xauto-14145ふわふわりん(20代女性)と申します。
私は高校生の時に妊娠し、中絶を経験しました。
今では2人の子供に恵まれているのですが、今でも中絶した赤ちゃんのことはもちろん、彼氏や相手の両親に言われたことを思い出します。
私の体験談が少しでも皆さんの役に立てば嬉しいです。

中絶をした経緯

私が高校時代のとき、別の高校の付き合って数ヶ月の彼がいたのですが、仲良くお互いの両親とも挨拶を交わしお互いの家を行き来していました。

ある時いつも元気な私の体に異変が、体がだるく生理も来ない。
元々不順だった事もあるのですが、遅れすぎ。

だんだん不安な気持ちになり検査薬を購入。
検査の結果、妊娠していたので、まずは自分の姉に相談。
正確な検査ではないので姉に付き添ってもらい病院へ検査をしに行ったところ、間違いないと。

彼氏に連絡を取り、妊娠していることを話ししたら、少しの間何も話さずに沈黙。
話し始めたと思ったら「他に好きなやつがいると言われ」、私は「妊娠したからそんなこと言ってるの?」「妊娠しなかったったらどうしてた?」と問い詰めても何も言わず彼は立ち去っていきました。

相手の両親に会いに・・・

彼氏の責任のなさに腹が立ち、彼が自宅にいないことを電話で確認して、彼の両親に病院からもらった診断書をもっていったら「これでおろしてくれ」「あの子はこれから大事な時期だし、君とは一緒になれないそうだ」と彼の両親にお金を渡され、「もう終わりなんだ」と言い、出て行きました。

彼の母親は「ごめんなさいね」と頭をさげてきました。

中絶手術

姉にすべてを話し、病院に中絶をすることを話し予約をいれ、手術までの日を彼との思い出を振り替えったり、怖くて不安なまま迎えました。

病院でも説明をしっかりと聞いていたつもりなのですが、頭の中がずっと真っ白な状態。
姉が変わりに話を聞いてくれていました。

当日は全身麻酔。
怖くてずっとおびえていました。
料金は15万円ほどでした。

手術中は麻酔で何も覚えていないはずなのですが、手術されていたことは確かに覚えていません。

だけど眠りに入っていたとき。迷路に迷い込んでる状態で知らない声で、「どこにいるの?早く探して」「どうして逃げるの?」だけど、私は逃げ回っていて、気がつくと姉に「すごく震えて汗でビッショリよ」と起こされていました。

手術後、私はおお泣き。
赤ちゃんには何の罪もないのに、この世に生まれさせてあげられなかったことに後悔し、自分自身を恨み嫌いになり自分に情けなくなり、途方にくれていました。

その時、姉に「これが赤ちゃんの運命なんだよ」「それを忘れずしっかり受け止めてあげるのが、あんたの役目なんだよ」と。
私は姉に抱きつき疲れ果てるまで泣きました。それからは手術の日を忘れることなく、少しでもお腹にいてくれた赤ちゃんに「ありがとう」と心の中でささやいています。

今一緒にいる主人に中絶の話しをしたとき、「つらかったね。でも、その子の分もこれから自分の子ができたときに大切に育てよう」と言ってくれて、2人の子供に恵まれ幸せに暮らしています。

命は何があっても、どんなことがあっても大切にしなければいけないといつも思っています。

 - 中絶体験談