中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

【中絶体験談】統合失調症の彼女が妊娠。周囲からの猛烈な反対にあい中絶しました。

      2015/07/06

a0800_000975はやと(30代男性)と申します。
私の恋人は統合失調症で、周囲から望まれない妊娠で恋人を苦しめてしまいました。
妊娠・中絶をして、精神障害者の子供はやはり産んではいけないんだということがよくわかりました。

甘くなっていた避妊

恋人は統合失調症で障害2級で外で働く事も出来ない病気でした。

彼女とは避妊について甘かったのかもしれません。

私は35歳になりますが今までコンドームをつけないでセックスしても、妊娠はしませんでしたし、子供を作ろうとしても今まで出来た事がありませんでした。

だから、安心してなのか次第に避妊について甘くなっていました。

中絶をした理由

私は妊娠が発覚した時は周りは静観していました。
だから私は二人で生活をして何とか産んであげたいと思っていました。

しかし、彼女が一人の時にうちの親や相手の親・親戚が彼女の所にやってきて、迷惑だから産まないでくれと言うようになりました。

彼女は最初頑張って産む気でいましたが、途中からはもう糸が切れた人形のようになってしまいました。

私はもう彼女に無理をさせる事が出来ないと思い中絶を決意しました。

中絶をしてから私は、周りの人間が信じられなくなり、友達の幸せすら喜べなくなり、友達との関係を一切断ちました。

今も恋人と一緒にいますが、私にはもう子供が出来る機会はないでしょう。

最近ではもう抜け殻になったかのように、喜怒哀楽がなくなりました。

恋人とも会話が成立しなくなり、統合失調症が悪化するたびに仕事を休んで通院しています。

無理にでも産んであげれれば良かったです。
彼女の病気を考えて選択したのですが、今でも後悔です。

中絶について

中絶時期は妊娠9週目で中期中絶になりました。

その他の事については私はもう覚えていません。

ただ、彼女は病気だったため何度も通院が必要だった事と精神科にも通わなければならなかったため、有名なセンターで見て貰いました。
中絶の手術などもその病院でしましたが、やはり周りの目は凄く冷たかったですし、自分はもう死んでしまった方が楽だと思ってしまいました。

中絶してからの周りの態度

中絶してからは周りが今までと同じように平和な環境になりました。
それが余計私を苦しました。

中絶する前はたくさんひどい事を言われましたが、それ以降は何も怒鳴られたりする事がなくなりました。
周りの人は産んでも誰も面倒をみないし、奇形が生まれてしまったらだれが面倒をみるんだとか、私が死んだらどうするんだとかいろいろ言われていました。

そういう事を聞いて初めて精神障害者は子供を産んではいけないんだと改めて実感しました。
周りの理解を得るなんて恵まれた家庭でない限りまず無理だと思います。

 - 中絶体験談