中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

【中絶体験談】不倫して妊娠。後悔しか残っていない中絶。

      2015/07/06

img_1たまご(30代女性)と申します。
私は24歳の時に、不倫、妊娠を経験しました。
中絶は肉体的にも精神的にも辛かったです。今では後悔しか残っていません。

赤ちゃんが欲しかった、でも産めなかった

相手の人は同じスポーツクラブに通う人で、付き合いを始めるまでに2年くらいはただの会員さん同士の付き合いしかしていませんでした。
しかし、スポーツクラブのイベントがきっかけで、急接近。私も好意を抱くように徐々に食事に行ったり個人的な付き合いをするようになりました。
これは言い訳にしかなりませんが、その時は、相手が結婚していることを知りませんでした。

交際期間が長くなると、私は結婚願望が強かったので、その内結婚や子供のことが頭にちらつくようになりました。

そして妊娠。相手に伝えると困ったように結婚している事実を教えてくれました。
大好きだった人の子供なので、生みたかった。
でも相手のことも自分のことも考えると産める状況ではなかった。

本当にぎりぎりまで悩んだ結果、泣く泣く中絶を選択しました。

病院は、地元ではなく少し離れた市の個人病院を選びました。
そこで11週だったので掻把術をしました。
手術は全身麻酔でした。

手術に眠りに落ちるまで泣いていた私の手を看護師さんがギュッと握っていたことを覚えています。
また手術中、暗い迷路の部屋をさまよって泣きながら走っている夢を見ていたことも未だに忘れられません。

中絶した代償

中絶後、定期的に受診をしましたが、通常より出血がかなり多く、検査の結果は組織残渣。
手術で取りきれなかったものが、残っていたのです。そのため外来での処置を2回しました。
ものすごく痛くて…先生から感染も起こしている可能性があり、将来不妊症になる可能性もあることを説明され愕然としました。

その時、これも中絶した代償かなと思いました。
手術での費用は約11万円。
中絶は保険がきかないので、高額なのは当たり前ですね。
これも赤ちゃんに対する代償かなと思います。

中絶の後は、精神的にも肉体的にも私は落ち込みました。
仕事は毎日何とかこなすことはできたけれど、家にいたら自然と涙が出てくる…そんな生活が1年以上続きました。

相手は、とても優しく色々なフォローをしてくれたけど、その彼にすがっていると余計色々なことを考えて、後悔してしまい、自分でもどうしていいのか分からない状態でした。
もう強制的に会えなくなってしまうような環境を作った方がいいだろうと考え、私は1年間の外国生活を送りました。
その間に彼との関係は清算し、色々な人との出会い、価値観の出会いがあり、何とか精神的に立ち直った気がします。

でもできるなら中絶は絶対避けてほしい。
しないでほしい、その思いしかありません。

 - 中絶体験談