中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

【中絶体験談】ストーカーにレイプされ、妊娠し中絶しました。

      2015/10/03

be7b566e2fbee146b36b7917d0d9aba2X(20代女性)と申します。

私が中絶を経験したのは、今から約3年前のことです。ストーカーにレイプされ、妊娠し中絶しました。レイプした犯人の子供といえ、中絶するのはとても心が痛みました。特殊な経験の話かもしれませんが、中絶に悩んでいる皆様のためになれば幸いです。

レイプ被害。そしてまさかの妊娠…

当時、東京で一人暮らしをしており、日々仕事に追われていました。

今思えばストーカーされていたのでしょう。ある日、私は最寄りの駅で、男性に声をかけられました。その場は適当にあしらったのですが、その後も何度かばったり遭遇することがあり、そのたびにその男性は声をかけてきました。

そしてある日、その男性が、他の何人かの男性を連れて、また帰り道で声をかけてきました。

また適当にあしらおうと思ったのですが、力づくで誰もいない公園に連れて行かれ、その場でその男たち全員にレイプされてしまいました。

あまりのショックで次の日は会社を休み、近所の産婦人科へと向かいました。

レイプされたとは言えず、ただ、避妊に失敗したと言い、アフターピル(効果は100パーセントではありません)だけを処方してもらいました。たしか5000円くらだったと思います。これでもしものことが起きないなら、安いもの、その時はそう思っていました。

しかし、次の生理が、待てども待てども来ません。おまけに下腹部が痛く、胸が張ります。普段少ないはずのオリモノもたくさん出ました。

「まさか…」と思いつつ、そろそろ予定日だという頃から10日過ぎた頃、市販の妊娠検査薬を使いました。

結果は陽性。
頭が真っ白になりました。

そしてすぐに心の中で葛藤しました。
産むのか、中絶するのか。

でも、どう考えても、犯人の子どもを産み、愛して育てられる自信がありませんでした。自分は殺人者になる、そう責め続けいても、このままの状態でいるわけにはいきません。意を決した私は、少し遠くの産婦人科へ行きました。評判の良い病院です。

体内に機械を入れられ、医師はすぐに「妊娠していますね」と言いました。妊娠5週目でした。

私の様子を見かねたのか、医師は「どうなさいますか」と問いました。

私は、産む意思がないことを告げました。

医師からは、「中絶するには私のお腹の中の子はまだ小さすぎるため、もう少し成長し、胎動が確認できてからになります」と言われました。またこの時期だと流産になる可能性もあるので、費用はどうなるか分からないとも言われました。中絶だと12万円、流産だと保険が適用されるので安くなるとのことでした。

その日は中絶の同意書を持たされ帰宅し、その後何度か通院しました。

中絶時期

中絶手術を受けた時期は、妊娠10週目のときでした。もう、胎動が確認できる程になっていました。

手術前、医師から「任意ですが胎動の様子を見ますか?」と言われ、私は「はい」と答えました。

向けられたモニターの中では、小さな小さな命が元気に動いていました。この時の映像は、今でも頭に焼き付いています。

中絶方法

私の場合、初期だったので、そうは法で手術が行われました。スプーン状の器具で、胎児を掻きだす手術です。

ただ、出産経験のない人は子宮頚管が狭いため、中にラミナリアという綿みたいなものを入れ、子宮口を広げる手術前処置をしなければなりません。

前処置も手術中も、静脈麻酔を打たれたので、痛みは全くありませんでした。

術後は少し病院のベッドで休みましたが、その後自分の足で帰りました。日帰り手術でした。

中絶費用

費用は12万円でした。ただ、その前後の通院で毎回5000円程かかってしまいました。

人によって、手術がうまくいかずに内膜などが残る場合もあるそうで、その場合は、再手術。また12万かかると言われました。幸運にも再手術は無かったのですが、私の場合は合計15万円はかかりました。

最後に

中絶をするのなら、身体の負担的にも、費用的にも、初期の方が圧倒的に良いと思います。また、場合によっては一生妊娠できない身体になること、中絶後の生理などの後遺症で大変な目に合うことなども、頭に入れておくべきかもしれません。

私の場合は、レイプということで、体の後遺症よりも、心に大きな後遺症を負ってしまいました。あれから数年経った今でも仕事に復帰できておらず、毎日実家で過ごしています。心の後遺症は体の後遺症以上に気をつけなくてはいけません。中絶による心の後遺症については以下の記事に詳しく載っています(私が書きました)。
中絶後遺症候群、通称PASとは?

皆様が同じような後遺症に悩まされることがないよう祈っております。

 - 中絶体験談