中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

中期中絶手術の方法・流れ・注意事項まとめ

      2015/07/22

中期中絶手術の方法や、受診から手術後の一般的な流れについて詳しく解説していきます。
中絶手術を受ける人はほとんどが初めてだと思います。
手術前にしっかりとした知識を持っておくことが大切です。

中期中絶手術の方法

中期中絶手術とは、妊娠12週以降または胎児が500g以上のときに行う中絶手術をいいます。

妊娠12週を過ぎると、胎児は子宮内で大きく育っています。
この段階では、初期中絶手術に行う掻爬(そうは)術や吸引術は使うことができません。

薬を使って、人工的に陣痛を誘発して分娩台の上で強制的に赤ちゃんを流産させて取り出すという、ほぼ分娩に近い方法で手術を行います。

中期中絶手術の流れ

中期中絶は、特定の医療機関でしか受けられません。
初期中絶は日帰りできますが、中期中絶は分娩と同じなので、手術の前準備や処置後の子宮の回復を確認するために最低3日間は入院が必要です。

【受診】

産科で診察を受けて、血液検査、心電図検査、尿検査、血液凝固検査を行います。
検査で特に問題がなければ手術日を決めます。

【入院】

持参物…中絶同意書、生理用ナプキン、生理用ショーツ、入院生活に必要な日用品(洗面用具、タオル、パジャマ、スリッパ、食器)

【手術の前準備】

手術がしやすいように子宮口を広げていきます。
海草で作られたラミナリアという細い棒状のものを少しずつ子宮口に入れます。
少しずつ本数を増やしていって、胎児が出てくるのに十分な広さになるまでこれを繰り返します。

【手術当日】

子宮の出入り口の子宮頚管を広げる処置を行います。

陣痛を起こすための陣痛誘発剤(プレグランディン)などを投与します。
薬の作用で、通常の分娩の時よりも陣痛は急激に始まります。

数分おきに陣痛が来るようになったら、分娩台に上がって点滴をします。麻酔はしません。

胎児を取り出します。場合によっては、産まれてきた赤ちゃんが泣き声を上げることもあります。
しかし、この時期はまだ体外で生きていけないので、すぐに呼吸ができずに死んでしまいます。

痛み止め、出血を止めるために子宮収縮剤が投与されます。胎盤やその他の子宮に残った内容物を除去します。

 

陣痛が早く起これば、手術は1日で終了します。
妊娠中期は、最も陣痛が起こりにくい時期なので、人によってはなかなか陣痛が来なくて2、3日かかる場合もあります。

手術自体が早く終わっても、術後の子宮の戻り具合を確認するため、数日は入院します。

手術後、退院後の注意点

手術後、退院後にもいくつか注意点があります。

【手術後】

通常の出産の時と同じように、悪露という、胎盤が剥がれた時の分泌物や血液の混じったおりものが4週間程続きます。
このほかに、出血量が多い、血のかたまりが出る、嫌な臭いがする、腹部に強い痛みを感じる、発熱など、体調が優れないときはすぐに医師に知らせましょう。

処方された薬はきちんと飲みます。
抗生物質、子宮収縮剤、術後には母乳を出すためのホルモンが分泌されるのでそれを抑えるための薬などです。

【退院後】

退院後、数日は安静にしていましょう。手術を受けて、身体は免疫力が低下して感染症にかかりやすくなっています。
早く今まで通りの生活に戻したい気持ちは理解できますが、無理は禁物です。

手術後と同じく、体調の変化で気になることがあれば、速やかに診察を受けましょう。
特に異常がなくても、決められた検診日には必ず受診します。

また、急激にホルモンの分泌量が変化するため、マタニティーブルー(わけもなくイライラしたり、ブルーになる状態)になる人もいます。
通常は10日前後で治まりますが、眠れない、うつ、赤ちゃんのことばかり考えて何も手につかないなど情緒不安定な状態が続くようであれば、中絶後遺症候群(PAS)の可能性もあるので、早めに心療内科で相談してカウンセリングを受けましょう。

【その他】

中絶後は病院が発行する死産証書と共に、役所に死産届を提出し、胎児の埋葬許可証をもらう必要があります。
しかし、戸籍などに中絶したという情報が載ることはありません。

 

 - 中絶手術