中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

初期中絶手術の方法・流れ・注意事項まとめ

      2015/07/22

初期中絶手術の方法や、受診から手術後の一般的な流れについて詳しく解説していきます。
初期中絶手術は比較的簡単な手術方法になりますが、受ける前にしっかりと知識を持ってから臨みましょう。

中絶手術の方法

妊娠初期(12週未満)の中絶には、吸引法、搔爬(ソウハ)法という、二種類の手術方法があります。

  • 吸引法…強力な吸引器具を子宮内に入れて、胎嚢(胎児を包んでいる、小さな袋)を吸い出す方法。
  • 搔爬(ソウハ)法…スプーンのような器具を子宮内に入れて胎嚢を搔きだす方法。

妊娠初期はまだ胎児が小さいので、いずれの方法でも比較的簡単な手術です。

受診~術後の流れ

一般的に、初期中絶の手術は日帰りです。

【受診】手術前の検査

産科を受診して、尿検査、エコー検査、内診などで妊娠の診断を行います。
血液検査を行って手術日を決めます。
医師から、手術内容や中絶同意書など必要書類についての説明を受けます。

【手術前日】注意事項

手術当日は麻酔をかけるため、夜9時以降は飲食禁止です。
手術をした日は入浴できないので、お風呂に入っておきます。

【手術当日】

用意するもの…中絶同意書、生理用ナプキン、生理用ショーツ

【手術前】

子宮口を少しずつ広げるための器具(ラミナリア)を挿入します。
ラミナリアは水分を吸収すると太くなるので、それによって子宮の入り口を広げて手術しやすい状態にするのです。
人によって、痛みを感じる場合もあります。

【手術】

血圧、脈拍の計測

麻酔の前準備のための注射

点滴

膣の消毒

麻酔(静脈麻酔)
個人差はありますが、だいたい10数えるまでに眠ってしまいます。
中には麻酔が効きにくい体質の方もいます。もし、麻酔が効いていないと感じたらすぐに医師に伝えましょう。

子宮の入り口である子宮頚管を広げていく
細い棒状のものを挿入していって、少しずつ押し広げていきます。

吸引法もしくは搔爬(ソウハ)法を施術
手術自体はさほど難しいものではなく、時間は5~10分ほどです。

出血を止めるために子宮収縮剤を注射

麻酔がさめるまで安静に休息します。
子宮収縮剤によって子宮が元に戻るため、お腹に痛みを感じます。

麻酔がさめて数時間で、その日のうちに帰宅できます。

【手術後】主な注意事項

手術後は身体が弱っているので、数日は安静に過ごしましょう。

手術の翌日からシャワー、洗髪はできますが、入浴は術後一週間はできません。

SEXは検診後、医師の許可を得てからにしましょう。

処方された薬はきちんと飲みましょう。
何も異常がなかったとしても、後日、術後検診は必ず受けましょう。
もし、出血が止まらない、発熱、腹痛などの症状があった場合は、検診日にかかわらず、速やかに病院で診察を受けましょう。

【その他】

中絶後は病院が発行する死産証書と共に、役所に死産届を提出し、胎児の埋葬許可証をもらう必要があります。
しかし、戸籍などに中絶したという情報が載ることはありません。

 - 中絶手術