中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

【中絶体験談】中絶は体への後遺症よりも、精神的なダメージが大きいです。

      2015/07/06

あき(20代女性)と申します。

私は大学生の時に妊娠し、中絶を経験しました。
妊娠初期の中絶だったため体への負担は少なく、また後遺症も特にありませんでしたが、今でも精神的には辛いです。

大学生での妊娠発覚。甘かった避妊。

大学2年の春に妊娠が発覚しました。

大学に進学して、一人暮らしを始めて親元を離れたことで、私の部屋には彼氏が毎日入り浸るようになっていました。
当時付き合っていたのは同じ大学のサークルの同級生で、お互いとても思い合っていたとは思いますが、結婚や子供を望んだことはありませんでした。
しかし一人暮らしで生活は乱れ、だらしなくなっていたため、避妊にも甘く、自分は絶対妊娠などしないとと、確証のない自信を持っていました。

大学2年の春、数日風邪のような症状が続いたことで、妊娠が発覚しました。
微熱が続き、体のだるさに悩まされ、ほとんど食べ物が喉を通らない日が続き、これはただの風邪ではないと体感していました。
市販の妊娠検査薬を試したところ、やはり陽性反応があり、産婦人科を訪れたところ、妊娠3週目に入ったくらいの時期でした。

彼に相談する前に、迷わず中絶することを決めましたが、まだ中絶手術をするには少し時期が早く、それから約1ヶ月に手術を受けました。
その間にはっきりとつわりの症状が現れ、大学の授業に集中することができず、自宅で休んでいることがほとんどでした。

妊娠初期での中絶手術

妊娠初期の中絶手術だったため、その方法は吸引法といって、子宮の中身を掃除機のような機械で吸い出すような方法だと説明されました。

朝に病院を訪れ、子宮を広げる薬を投薬されたりした後、全身麻酔を受けて手術が行われました。

麻酔から覚めた時には、意識は朦朧としていましたが、ハッキリともう自分の体の中に赤ちゃんはいないのだと実感していました。
苦しめられていたつわりは全くなくなり、体のだるさも全てが消え去っていました。夕方には帰宅し、それから数日は自宅のベッドで安静にするようにと言われました。

かかった費用は11万円。
もちろん保険は使っていません。
半額ずつを彼とお互いに負担しました。

今の状況

今は結婚して一児の母となりました。

あのときのことを思い出すことはありますが、結婚する前に中絶経験があることを主人には話して理解してもらっているので、主人に後ろめたく思うこともありません。
中絶前に診察で受け取ったエコー写真もしばらくは大切にしまっていましたが、今はもうありません。

それでも中絶はやはり精神的にダメージを与えます。
妊娠した女性はもちろん、妊娠させた男性にだってダメージを与えます。
それはそのあとの人生の教訓や経験になることもありますが、する必要のない経験だとも思います。
自分の子供には、きちんの性の認識をもってもらいたいと思いました。

 - 中絶体験談