中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

中絶は健康保険が適用になるか?という疑問について解説します。

      2015/07/22

予定外の妊娠や、経済的な事情から中絶手術を選択する女性も少なくありません。
しかし、中絶手術は病気や出産に向けた診療とは認められていないため、その費用は健康保険の適用外となり全額負担になってしまいます。
ここでは、妊娠中絶手術にかかる保険適用外の費用について詳細に解説します。

私的な事情での中絶手術では健康保険が適用されない

生理が遅れたり、体調がいつもと違う・・・
「もしかして・・・妊娠かも」
そう思って産婦人科で初診を受けたり、2回目の診察や検診までは健康保険が適用となります。
なぜなら、それは出産を前提とした診察だからです。
しかし、中絶を決めてからは健康保険が適用になるまでと、適用外になる境がハッキリしているのです。
中絶手術当日からの診察代や手術代、その他もろもろの費用は全額自己負担となり、健康保険が適用されないのです。

中絶費用が健康保険適用外になった場合の費用

実は、妊娠中絶手術費用を全額負担で支払う場合の費用は病院によって様々なのです。
健康保険を適用する場合、ある程度の診療点数が決まっています。
しかし、中絶手術のように健康保険適用外の場合は、費用について病院側の自由という部分があるのです。
同じ妊娠週数時期の中絶手術でも、8万円で中絶手術を行う病院もあれば、12万円かかってしまう病院もあります。
健康保険適用外の診療や手術の場合、下限と上限が正式に定められていないのです。
このようなことから、中絶を前提に考えている場合は、まず各病院の費用を調べることも必要です。

余談と裏事情

中絶手術をする場合に、自らの個人情報を病院側に提示したくない女性も存在します。
いずれにしても、中絶手術費用は全額負担であることを知っている女性は、最初から健康保険を提示しない場合があるのです。
初診から中絶手術まで、すべての費用を自己負担することで、健康保険証に書いてある個人情報を病院には提示しないという方法もあります。
しかし、それはけっして良い手段とは言えません。
手術中の急変や、万一のときのことを考えて、“あなた”自身の身分を明らかにしておくほうが安心です。

 - 中絶費用