中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

【中絶体験談】妻に過去の中絶経験が発覚。その時、私はこう思いました。

      2015/07/06

まる(20代男性)と申します。
私の妻は、過去に中絶経験があり、付き合い初めてすぐに妻からそのことを伝えられました。
今では二人の子供に恵まれましたが、私の中絶に対する考え方を書いていきます。

妻の中絶体験

私の妻は私と知り合う前、高校生の時に妊娠して中絶をしています。
良くある話と言っては語弊かも知れませんが、過ぎた事は仕方ないし、好きな気持ちも変わらなかったので、そのまま付き合い結婚して現在に至ります。
妻の場合は若さ故の過ちなので、私自身は何とも思っていませんが、妻はバカな事をしたと、結婚して10年経つ今も時折口に出します。

中絶に対する意見

ここから先は私から見た、思った事になりますが中絶はやはり良くありません。

確かに仕方がない場合もあります。
生まれてくる前に奇形児だとわかってしまったケースなどです。

しかしそうではない場合はただの無知と思われても仕方ないと感じるし、若いだけでも許せない行為です。
一人の命を簡単に考え過ぎで、自分の体や心も傷つき一生忘れる事はないでしょう。
妻も口に出す事は少なくなりましたが、きっと一生忘れる事は出来ずに心の中に抱えたまま生きていくのです。
私達夫婦には現在、高3と高1の子供がいますが私は二男と三男だといつも口に出しています。
子供達には産まれて来れなかった兄がいるからと、小さい頃から伝えて来ました。
自分と妻の子供という設定ですが、子供達に自分達が健康で産まれてきて、好きな事も出来てる事に対して何かを感じて欲しいと思うから
です。

消そうと思っても消せない事実はあり、目には見えなくても妻と私の中からは消せない事実なのです。
だったら受け入れる事が大事で、二人で背負っていこうと今でも毎月お寺に供養をしに行っています。

つい先月は私達の住む街で、草むらに赤ちゃんが産み捨てられて死亡した事件がありました。
虚しかったです。
命が宿ればそれがこの世に出て来る前の、お腹の中であっても一人の人に変わりはありません。
色んな事情で産む事が出来ない事は分かりますが、そうなった経緯に自分に責任はないのでしょいかと問い正してもらいたいです。
もし安易な考えでそうなったなら、それに対して責任を負うべきです。

自分だけで負えないのであれば、身内でも誰でも助けてくれる人を探すべきです。
だって今中絶を悩んでいる人は産んでもらった訳で、色んな楽しい事や愛情を受けて生きてきたのです。
だったら同じ様にしてあげて欲しいと願います。

もしどうしても産む事が出来ないのであれば、一生その子に対してどんな形でも良いので忘れていないよという意味の事をしてあげてもらいたいです。
中絶は簡単に決めるものではなく、命を巻き込む大きな問題として十分に検討して欲しいと願います。

 - 中絶体験談