中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

【中絶体験談】妊娠3ヶ月、初期中絶ギリギリでの決断。

      2015/06/26

みーちゃん(20代女性)と申します。
私はシングルマザーでしたが、当時婚約していた彼氏との子供を妊娠しました。
しかし妊娠と一緒に発覚したのは、彼氏の不倫と不倫相手の妊娠でした。
いろいろなことを経て、中絶を決断しました。私の体験談が誰かの役に立てばと思います。

妊娠発覚

関西在住です。

18歳の時に妊娠、しかし相手の男は妊娠がわかった途端に何も言わず引越し音信不通になりました。
シングルマザーとして生きることを決意し、19歳の時に女の子を出産しました。

その2年後職場の取引先の男性と出会い、交際がスタートしました。
子供もとてもなついて結婚を意識するようになりました。
そして交際から1年半後彼からのプロポーズをされました。もちろん私の返事はYesです。

そしてその2ヶ月後に転勤のため彼は一足先に関東へと行きました。
残った私は結婚式の準備などをしていたのですが、彼が関東へ行った3ヶ月後になんと妊娠が発覚しました。
嬉しくて彼にすぐ電話をすると、何故か浮かない返事をされました。
「どうしたの?」と聞いても「何でもないよ」と言っていたのですが、「週末にそっちに行ったときに話がある」と言われました。

彼氏との別れ

そしてその週末、彼は私に「ごめん、別れてほしい」と涙ながらに訴えてきたのです。
理由を聞くと単身赴任中にとある女性と知り合い、体の関係を持ち、あろうことか私の妊娠が発覚する3日前に女性の妊娠が発覚したというのです。
そして、その女性と結婚するつもりだと言われました。

いろいろなことが起こりすぎていて、意識を保つのに精一杯でした。
「彼女にバレたくないから養育費を払えない」「堕ろしてほしい」と告げられました。
その後1ヶ月ほど説得を続けましたが彼の気持ちは変わらず、私は式場をキャンセルし、彼と別れることを決めました。

そして中絶

すでに子供がいる状態で、もう1人育てていけるのか?
悩みに悩んで私は中絶を決めました。
妊娠3ヶ月、初期中絶ギリギリでの決断でした。

すでにつわりが酷く、手術日までは何も考えられず寝て過ごしました。

手術は全身麻酔をかけられ、掻把法というスプーンのようなものでお腹の中の赤ちゃんを掻き出す方法で行われました。
時間にして10分ほどの手術でした。

麻酔が切れて目を覚ましたときには、当然ですがつわりはなくなっていました。
「ああ、もういないんだ」とお腹に手を当ててひたすら泣き崩れました。

手術費用は検診費を含めて15万円程度で、この費用だけ彼に請求し、慰謝料は受け取らず別れました。

手術からしばらくは毎日のようにお腹の赤ちゃんが掻き出される、グロテスクな夢を見て目が覚めました。
手術から2年が経った今でも時折夢を見て目が覚めます。
その度にもういないお腹に手を当て、泣きながら謝ります。

本当にシングルマザーとして2人の子供を育てることは出来なかったのか?
この選択は正しかったのか?
答えは今でもわからないし、きっとずっとわかることはないんだと思います。

ただ、私は今私の隣にいる娘を大切に育てていこうと思っています。

 - 中絶体験談