中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

【中絶体験談】4回の中絶→離婚を繰り返し、避妊の重要性を思い知りました。

      2015/06/18

121019_Pills_01-thumb-640x360-46045ぴよ(30代女性)と申します。
私は今までに4回の中絶をしています。
今思えば本当にバカだったと思っています。
どうして避妊をしなかったのかと責められても仕方ありません。

1回目の中絶

結婚し、子供が2人できました。
3人目の子供を妊娠したときに経済的理由から中絶を決めました。

ピルを購入するお金もないと、買う事を最初から諦め、相手と子供のことや将来について話し合うこともなく、求められたら断ることもなくセックスを続けた結果です。
今思えば自分がとても子供だったにすぎないと思っています。

好きな相手に求められたら嫌われないように断らない。
嫌われることを恐れていました。

その後、その時の旦那とは金銭面やお互いの未熟さゆえに離婚し、経済力が私よりもはるかに高い旦那が子供達を引き取りました。

離婚後、さらに2回中絶しました。

その後に好きな人ができ、そのうち付き合うことになりましたが、その男がセックス好きの激しい束縛男で、道で通り過ぎる人が私と目が合っていたとか、コンビニのレジの支払いでバイトの子を目で追っていたとか、なんくせつけては暴力を振るわれました。

そのたびに別れ話になりますが、やっぱりお前と一緒にいたいと言われ、別れてはヨリを戻すということを繰り返していました。
それも何度も。

そして2回妊娠し、2回とも中絶を選択しました。

中絶を選択した理由は今の私達がうまくいっていないのに、そこに子供ができても育てられるはずがないと考えたからでした。

1回目の中絶で現実を思い知ったにも関わらず、その後2回の中絶。
自分の愚かさに悲しくなりました。
心も身体ももうボロボロです。

中絶手術について

費用は9万円ほど。
最初の診察が5千円ほどかかるのと、術後の経過観察もあるので合計で10万円~11万円。

お金がなくても、自分の身体を守って、罪のない子供のためにもピルは全然高くないものだと身をもって知りました。

麻酔をかけられるので寝ている間に手術はあっという間に終わります。
麻酔が切れそうな時間に看護士が手術台からベッドに移動するよう起こしに来てくれます。

看護士に支えられながらベッドに移動している時は、自分の身体じゃないようでフワフワしていました。
ベッドに横になると1日中あったつわりもピタっと止まっていることで、もう身体の中に一人の人間がいないことを悟って涙が止まりませんでした。

愛していると言っていた彼は本当に私のことを愛してくれているのか?これは愛なんかじゃないと強く思いました。
そして彼に別れを告げ、私は新しい環境を求めて地元を離れました。

再び・・・中絶

数年が経ち、私も自立できるようになって、とても誠実な人に出逢い、愛されるということがどういうことかを知ることができました。
常に互いの事を尊重し合え、小さなことから大きなことをお互いが納得するまで話し合い理解する努力をし、支え合うことを日々の生活で学びました。

しかし、完璧な人間がこの世にいないように未熟者同士の二人が一緒になれば悩みは尽きません。分かり合えないことも出てきます。
ひとつひとつ時間をかけて分かり合わなければならないときに、彼との子供ができました。
2人ともまだ覚悟が足りてないということを感じ、今回は諦めようとなりました。

先程もお伝えしたように手術費用はほぼ変わりません。
手術中も麻酔がかかれば意識が遠のいていきます。
それが今回はなぜか手術中に意識が戻り、赤ちゃんを私の身体から出ていく部分をもうろうと見ていました。

助産師さんや看護師も驚いていましたが、これは私の深い罪がそうさせたのだと思います。
もっともっと命について考えなくてはいけないと。

この件から彼も私も2人の将来について、自身について、足りない部分を今よりもさらに努力しなければならないと思いました。
子供を育てるまえに人として成長しなければなりません。
子供がいなくても、自分自身を見つめ直すことは日々必要となってきます。
今の自分に足りないことは山ほどあります。
完璧な人はこの世にいません。
今自分に与えられているひとつひとつの問題と向き合う努力をすることが大切ではないでしょうか?

今私は自らお腹を痛めて産んだ子供達を引き取って一緒に生活しています。
もちろん誠実な人を見つけたと先程お話しした彼も一緒です。

彼らの成長が私達の今の課題だと考えた結論です。
何度失敗してもいいと思いますが、自分の事を見つめ、パートナーや家族の事も同じように見つめる事ができれば、今の自分に何が必要で何を乗り越えないといけないのか自然と見えてくると私は思います。
それが正しいか間違っているかは誰にも決めることはできません。

ピルの重要性

ちなみに、ピルはいろいろな種類がありますが、何ヶ月か分をまとめて受け取ることもできますので、毎月病院に通う必要もありませんし、ピルを処方していただくだけなので診察の先生とは自分に合ったピルを相談して安心して頂きたいです。
1ヵ月分でも\1,000前後のピルもありますので、身体のことを考えれば安いと思います。生理不順の方にもオススメです。

また、アフターピルも2万円ほどの費用で処方ができるので、今の自分の状況で妊娠に不安に感じたら、相手と相談、もしくは自分の決断を早めにし、助産師へ相談してください。

命を育てることが大変だということは助産師や看護師の方も重々承知です。
病院に通う抵抗感や不安も気に病む必要もないです。

 - 中絶体験談