中絶.com

中絶に悩んだ私が、中絶に悩んでいる人のために作った中絶情報サイト

【中絶体験談】大学生の時に妊娠が発覚し、中絶手術をしました。

      2015/06/19

さくらこ(10代女性)と申します。
私は大学生の時に中絶を経験しました。
避妊が甘く、また生理不順で安全日なども把握できていなかったのが原因でした。
そのときに感じたこと、考えたことを書き連ねます。
いま中絶に悩んでいる人の参考に少しでもなれば嬉しいです。

無知ゆえの妊娠

私が中絶したのは大学一年生、18歳の時でした。

初体験は大学に入ってからで知識も経験もないまま、その当時付き合っていた彼氏とただただ楽しく付き合っていました。

もちろん、コミュニケーションとしてのセックスを楽しんでいました。
ゴムしなきゃ、とわかっていても彼が望めば生でしていました。

生理も不順で安全日すらも把握していませんでした。
生理不順ゆえに生理が遅れたことにすら気を使っていませんでしたが、友達に言われて初めて妊娠検査薬を買い試しました。

そこで妊娠発覚。
すぐさま病院に行き、確かに妊娠していることを確認、泣きました。

夢のために中絶・・・

病院で妊娠を告げられたとき、真っ先に頭に浮かんだのは自分の将来のこと。

18歳の私には、やりたいこともたくさんあったし、夢もありました。

その状況では到底出産は考えられず、中絶を選択しました。
正直、大学一年生の私が産んでも育てられる自信はないし、自分が産むであろう子供のみならず、彼氏や彼氏の家族、自分の家族に迷惑がかかることは確実でした。

誰かを不幸にして、私の夢まであきらめなければならないなんて嫌だと思い、中絶しても後悔しないと信じ切っていました。

中絶を決め、お医者さんと相談し、費用は12万ほどで、あっという間に日付がきまりました。

あまり頭が働いてなかったので、説明はあまり聞けていないのですが、子宮口を開いて?きだす方法でした。

前日22時からは飲食もしてはいけないということでした。
空腹感と不安で眠れませんでした。

手術当日、麻酔をされると、すぐさま眠ってしまいました。
あんなに不安を感じていたのに、眠るのは一瞬です。
目を覚ますと病院のベッドで、腹部に鈍い痛みがありました。
そして眠る前までお腹にいた命はいなくなっていました。

夢のため、後悔しない、と思っていた選択でしたが、それを実感した瞬間思わず泣きました。
中絶費用を借りた親にも申し訳なく、これから自分が親になることを考えても怖くなりました。

これから私は子供を生みたいと思ったとき、産めるのだろうか?
いなくなった、いや、殺してしまった子どもはわたしのことを恨んでいないだろうか?
そんなことばかり考えていました。
今考えればこの考えもすごく利己的だと思いますが、当時の私はそんなことしか考えられませんでした。

今になってみると、あれは私さえ気を付ければ起こらなかった事でした。
その後彼氏との関係もうまくいかず、なにかと中絶のことが頭をよぎり、世界から隔離されたような気分になることが多かったです。

今は、あれが最善の選択だったと思います。それでも、決して良いことではありません。
いまだに後悔の念はあります。
このどうしようもない気持ちはずっと続くでしょう。

 - 中絶体験談